特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

「党員投票なく残念」「政府を謙虚に機能」 石破氏出馬会見の要旨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見で自民党総裁選への出馬表明をする石破茂元幹事長=衆院第1議員会館で2020年9月1日午後4時41分、竹内幹撮影
記者会見で自民党総裁選への出馬表明をする石破茂元幹事長=衆院第1議員会館で2020年9月1日午後4時41分、竹内幹撮影

 自民党の石破茂元幹事長が立候補表明した1日の記者会見要旨は以下の通り。

 同志の推挙をいただき立候補を決意した。自民党、日本はいかにあるべきかを国民の前で候補者が述べて理解をいただき、そのもとに新総裁が選出され、国民の理想や思いを生かして政権運営がなされるべきだ。

 わが党は国民政党だ。勇気をもって真実を語り、国会を公正に運営し、政府を謙虚に機能させる政党でないといけない。そう誓って政権に復帰し、今日に至っている。その原点を忘れてはならない。

 民主主義を機能させるには、資格を持つ人が一人でも多く参加しなければいけない。今回の総裁選は党員の皆さんに投票資格がなく極めて残念だ。

 政策については、納得と共感がキーワードだ。喫緊の課題は新型コロナ対応であり…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1145文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集