特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

総裁選、3氏出馬へ 8日告示14日投開票 主要派閥は菅氏支援

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
定例記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年9月1日午後4時19分、滝川大貴撮影
定例記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年9月1日午後4時19分、滝川大貴撮影

 自民党の岸田文雄政調会長(63)と石破茂元幹事長(63)は1日、安倍晋三首相(党総裁)の後継を選ぶ総裁選への立候補を正式に表明した。菅義偉官房長官(71)は2日に出馬表明する予定で、3氏による選挙戦となる構図が固まった。最大派閥の細田派(98人)や二階派(47人)など主要派閥が菅氏の支援を決めており、国会議員票で大きく優位に立っている。

 また、党総務会は1日、党員投票をせず、両院議員総会方式で新総裁を選出することを決定した。総裁選は8日告示、14日投開票の日程で実施する方針で、2日の総裁選管理委員会で正式決定する。新総裁は16日に召集される臨時国会で新首相に指名される見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1528文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする