メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府、第3次援助隊6人を追加派遣 モーリシャス重油流出

座礁船から流出した重油によって汚染されたマングローブ林=2020年8月14日、国際協力機構(JICA)提供

 環境、外務両省は1日、貨物船の重油流出事故に見舞われたモーリシャスに、国際緊急援助隊の専門家チーム6人を派遣すると発表した。第3次の派遣となり、2日に出発する。

 6人は東北学院大の宮城豊彦名誉教授(マングローブ生態学)や「いであ」の藤原秀一技術顧問(サンゴ礁生態学)、山階鳥類研究所の水田拓保全研究室長(鳥類生態学)の専門家3人のほか…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです