メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

周庭氏、香港警察に出頭 保釈後「12月の誕生日をちゃんと外で過ごしたい」

警察署に出頭した民主活動家の周庭氏=香港北東部の大埔警察署で2020年9月1日、福岡静哉撮影

 中国政府の香港に対する統制を強化する国家安全維持法(国安法)に違反した疑いで8月に逮捕された後、保釈された民主活動家、周庭(英語名アグネス・チョウ)氏(23)が1日午後、香港北東部の警察署に出頭した。周氏はこの日も保釈が認められ、警察の聴取後、記者団に「引き続き香港のことに注目してほしい」と呼びかけた。周氏は「(次の出頭日の)12月2日に起訴される可能性があり、強い恐怖感を感じる。12月3日の誕生日を(拘束されず)ちゃんと外で過ごしたい」と述べた。

 香港では保釈された容疑者は定期的に出頭しなければならない。当局は、周氏の起訴に向けて捜査を進めている。

 香港は中国の一部だが、1国2…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです