メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秩父のチョウを一冊に 定点観察10年、121種2万5779件の膨大なデータ集

チョウの標本を手にする石塚正彦さん=秩父市で2020年8月18日午後4時32分、山田研撮影

 埼玉県秩父市のチョウ研究家、石塚正彦さん(65)が「秩父の蝶記録集-1」を自費出版した。年間約200日10年にわたる同市での定点観察「ルートセンサス」の成果をはじめ、知人の協力も得て、121種2万5779件の確認日、場所、数などを記した膨大なデータ集。希少種だけでなく、県内で珍しくない「普通種」の分布や個体数も分かり、環境の変化も浮かび上がる。【山田研】

 石塚さんは秩父市の中心部で生まれ、小学生のころからチョウを採って遊んだ。地元の企業に就職。1985年ごろから本格的に採集をはじめて全国各地に出かけたが、「時間が足りない」と秩父地域に絞ることに。退職後の2010年から定点観察として、荒川左岸の段丘に広がる秩父ミューズパーク内東側斜面に設けられた遊歩道で「ルートセンサス」を続ける。

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです