防災の日、愛知県では「シェイクアウト」54万人 新型コロナで参加者減

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナ対策で参加者を昨年の半分に減らして行われた愛知県の災害対策本部運用訓練=名古屋市中区の県自治センターで2020年9月1日午前11時13分、兵藤公治撮影
新型コロナ対策で参加者を昨年の半分に減らして行われた愛知県の災害対策本部運用訓練=名古屋市中区の県自治センターで2020年9月1日午前11時13分、兵藤公治撮影

 「防災の日」の1日、東海3県の各地で防災訓練が行われた。愛知県では正午からの1分間、地震から命を守るため姿勢を低くして頭を抱える「あいち100万人シェイクアウト訓練」に約54万4600人の登録があり、学校や会社など、それぞれの居場所で訓練に臨んだ。

 この訓練は2013年に始まり、19年は約86万人が参加した。今年は新型コロナウイ…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

あわせて読みたい

注目の特集