メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「友好と信頼願う」 関東大震災後殺害された朝鮮人犠牲者追悼式

[PR]

関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼式典で献花し手を合わせる人たち=東京都墨田区で2020年9月1日午後0時34分、吉田航太撮影

 関東大震災から97年の1日、震災後に住民らに殺害された朝鮮人の追悼式典が東京都墨田区の都立横網町公園で営まれた。隣で反対集会を開いた保守系団体との間に大きなトラブルはなかった。小池百合子知事は、式典に先立つ都慰霊協会主催の大法要に追悼の辞を寄せたが、式典は4年連続で追悼文を見送った。

 式典は日朝協会などでつくる実行委員会が主催。宮川泰彦実行委員長は「悲劇を生んだ背景には、当時の日本社会による朝鮮人への差別意識があった。日本と韓国、朝鮮の人の間に友好と信頼が築かれることを願う」とあいさつ。韓国伝統舞踊家で在日2世の金順子さんが鎮魂の舞を披露した。今年は新型コロナウイルス対策で一般参加はなく、式典はネット中継された。

 昨年は、保守系団体「関東大震災の真実を伝える会・そよ風」などの集会で出た発言が後に都人権条例でヘイトスピーチと認定された。式典・集会双方の参加者が衝突し逮捕者も出た。

 震災時には「朝鮮人が井戸に毒を入れた」などのデマを信じた住民などが多数の朝鮮人らを殺害。国の中央防災会議の報告書は、震災の死者・行方不明者約10万5000人の1~数%を虐殺犠牲者としている。【南茂芽育】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです