メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

focus プロ野球

シーズン折り返し、セイバー視点で健闘が光るチームは?

ソフトバンク戦でサヨナラ勝ちし、喜ぶ鳥谷(左から2人目)らロッテナイン。前半を2位で折り返したチームは救援陣の登板を徹底して管理しながら、巧みな試合運びで好調を維持している=千葉市のZOZOマリンスタジアムで2020年8月20日

 プロ野球は9月からシーズン後半に突入した。今季は新型コロナウイルスの影響で各球団の試合数が143から120に削減され、12球団は8月末までにほぼ半数を消化。セ・リーグは連覇を狙う巨人が首位を快走し、パ・リーグは日本シリーズ3連覇中のソフトバンクが抜け出しそうな気配だ。ここまでの約60試合の戦いぶりを、野球を統計学的に分析する「セイバーメトリクス」の視点から読み解くと、期待以上の白星を巧みに稼いだ球団や、逆に予想外の苦戦を強いられた球団があることが見えてきた…

この記事は有料記事です。

残り1910文字(全文2141文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです