メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 カジノを経営する米国のラスベガス・サンズは今年4~6月期の売上高が昨年同期比で97%落ち、日本への参入を断念したという。それでも自治体はIR(カジノを含む統合型リゾート)計画を継続するのか? 大人のための遊びの空間は本当にカジノでいいのか? そんなことを考えたくなるのは、江戸時代の文化を見ていると、消費する対象である歌舞伎や着物、遊郭における芸能、浮世絵、料理など、すべてが今日、日本文化として残っているからである。カジノで何が残るのか?

 山東京伝の「通言総籬(つうげんそうまがき)」という洒落本(しゃれぼん)を読むと、男性の着物の取り合わせからヘアスタイル、ぞうり、きせる、たばこ入れ、金唐革(きんからかわ)の巾着に至るまで、いま美しいスタイルとは何か、明確に書いてある。それも、黒、茶、紺など地味な色を基調に、そこにほんの少し黄色を入れる。今でも生かせる粋なスタイルだ。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです