メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「振り子」はないのか=与良正男

菅義偉官房長官=滝川大貴撮影

 安倍晋三首相の辞任表明を受けた後継選びは、自民党総裁選が正式に始まる前からあっという間に菅義偉官房長官が有力となった。

 私も先月30日のTBS系「サンデーモーニング」で、「菅氏は勝てると踏まなければ出ない。裏を返せば、出馬表明した時には大勢は決しているのでは」とコメントした。ただし、そんな私の予想を超える早い展開だ。しかも党員投票は省くというから理解できない。

 新型コロナウイルス禍の中での突然の辞任表明。緊急事態だと考えれば、確かに現職官房長官は適任なのかもしれない。既に政府のコロナ対策を実質仕切っているのは菅氏であり、経済回復重視にカジを切り始めたのは菅氏の判断が大きいという。それに対する自民党や官僚の評価は高いそうだ。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 改造スクールバスで「移動式ウエディング」 3密回避 名所巡りライブ配信も 北海道

  2. 三菱重工広島vs日本新薬 第8日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 横綱の休場続きで重み揺らぐ角界番付 21年は新時代の幕開けか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです