メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

だいあろ~ぐ

東京彩人記 お産前後の相談任せて 助産師・高木静さん(38) /東京

助産師、高木静さん=東京都昭島市で2020年8月19日、青島顕撮影

 立川駅からJR青梅線で三つ目の中神駅から徒歩約15分。昭島市中神町1の2世帯住宅だった家屋に「地域コミュニティ助産院 こもれび家(や)」が6日オープンする。2児の母で助産師の高木静さん(38)が産前・産後のケアをするほか、夫の駿さん(36)や仲間たちが育児中の親たち向けのイベントや講座を開く。来るだけでほっとできる場づくりが進んでいる。【青島顕】

 ――産前・産後ケアの大切さを教えてください。

この記事は有料記事です。

残り1284文字(全文1482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. 官邸、14年改選時にも学術会議に説明要求 「介入の伏線だったかも」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです