メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイン仕込み始まる 甲州 /山梨

仕込み台に投入されたブドウを選果する「シャトー・メルシャン勝沼ワイナリー」の従業員ら=山梨県甲州市で

 甲州市勝沼町の「シャトー・メルシャン勝沼ワイナリー」で1日、2020年のワインの仕込み作業が始まった。作業は10月後半まで続く予定。

 作業の安全や高品質のワイン造りを祈願する神事の後、田村隆幸・ワイナリー長らが仕込みを開始。甲府市産のブドウ約700キロを手作業で選果し、果皮を破るため次々に破砕機に投入された。

 ブドウの品種は「マスカット・べーリーA」。この日仕込んだ分は赤ワインとして11月3日に発売する。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです