メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海BIZ

名古屋市 伊藤手帳 夢実現、助ける相棒に /愛知

開発したばかりの四つ折り手帳「TETEFU」を紹介する伊藤亮仁社長=名古屋市東区の伊藤手帳で

 秋は手帳メーカーにとって新年用の受注や製造に追われる繁忙期。この季節に、業界初という四つ折り手帳の販売にこぎつけたのが、名古屋市東区の老舗手帳メーカー「伊藤手帳」だ。軽く、折り畳むと文庫本サイズになるのが特長。デジタル化の一方で、手帳の人気は衰えることなく、人生の目標達成に向けた工程表として使う人も多い。伊藤亮仁(あきひと)社長(42)は「夢実現への相棒。ほかにはない面白いものを世に出したい」と意気込む。

 1年間にわたって予定を書き込むため、ページの順番の誤りや、抜け落ちは致命的なミスだ。紙の断裁から、折り、糸かがりなどの工程を経て一貫生産している愛知県小牧市の自社工場では、自動化と従業員の熟練の技で、ミスがないよう細心の注意を払う。紙に印字されたバーコードをカメラが読み取り、抜け落ちをチェックする装置によって「100%乱丁、落丁はない」(同社)という正確さを誇る。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです