メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 立正大淞南高で感染予防の研修 全校生徒対象 /島根

松江保健所の職員から感染予防のための研修を受ける生徒たち=島根県松江市大庭町の立正大淞南高校で、目野創撮影

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した立正大淞南高校(松江市大庭町、生徒数309人)で1日、全校生徒を対象に感染予防のための研修があった。同校の要請を受けて松江保健所職員が講師を務め、生徒たちは分散登校のうえ密集を防ぐため学年ごとに参加。正しい手洗いや人と距離を取ること、日々の健康…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです