特集

2020自民党総裁選

自民党総裁選に関する特集ページです。

特集一覧

焦点

自民総裁選 1強2弱、構図確定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党総裁選は「1強2弱」の構図が確定した。1日に岸田文雄政調会長(63)と石破茂元幹事長(63)が出馬を正式表明したが、支持の広がりを欠く。主要派閥が支援に殺到する菅義偉官房長官(71)は2日に正式表明すると決めた。投開票予定の14日までの短期戦が本格化した。

機先制し雪崩現象 菅氏

 党内では「1強」への雪崩が起きている。きっかけを起こしたのは二階派(47人)を率いる二階俊博幹事長。その動きを決定的にしたのは、麻生派(54人)会長の麻生太郎副総理兼財務相だ。

 麻生派は8月31日に菅氏支持の方向を出し、1日には緊急会合を開いた。麻生氏は「我々は(政権の)ど真ん中でその政策推進を行ってきた事実を重く受け止めなければならない」とあいさつ。自身が「ど真ん中」にいた安倍政権を支え続けた菅氏支持を強くにじませた。

この記事は有料記事です。

残り2808文字(全文3164文字)

あわせて読みたい

注目の特集