メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

最長政権 歴史の中の安倍政治

 よもや記録のためとは思いたくないが、憲政史上最長となる連続在任期間を達成したのを見計らったような時期での辞任表明だった。安倍晋三首相の政治手法には「強権的」などといった批判の声もつきまとったが、異例の長期政権を支えてきたのは国民の支持であったことも事実である。果たして歴史にどう位置づけられるのか。

 安倍晋三首相は、なぜ長期政権を維持できたか。最初にこの間の与野党と、戦前の2大政党だった政友会と民政党を比較して考えてみたい。

 アベノミクスは当初、労働者の賃上げを経営者側に申し入れるほど有権者の生活を意識していた。まるで左派政党である。この動きは戦前の政友会にも近い。地主と資本家を支持基盤とする保守政党の政友会は、昭和期に入ると、支持の拡大を求めて、社会政策の実現に取り組むようになる。1932年2月の総選挙では、満州事変を争点にせず、景気対策を大々的に打ち出して圧勝している。

この記事は有料記事です。

残り4086文字(全文4478文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです