メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第7期会津中央病院・女流立葵杯三番勝負 挑戦者・鈴木歩女流棋聖-藤沢里菜女流立葵杯 第1局の1

 女流碁界は現在5棋戦あり、鈴木歩七段(36)、藤沢里菜四段(21)、上野愛咲美三段(18)がタイトルを分け合っている。この3人に加えて女流最多タイトル記録27を誇る謝依旻六段(30)が巻き返し、それにきっとたぶん1、2年のうちには仲邑菫初段(11)が昇ってくるに違いない。まさに百花繚乱(りょうらん)である。

 本日から4連覇を目指す藤沢立葵杯に鈴木女流棋聖が挑戦した第7期立葵杯三番勝負を順次ご覧いただく。まずは第1局、解説は立会を務めた王銘琬九段にお願いした。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです