メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『京都祇園もも吉庵のあまから帖2』 志賀内泰弘さん

「京都祇園もも吉庵のあまから帖」シリーズについて話す作家の志賀内泰弘さん=名古屋市北区で、兵藤公治撮影

 (PHP文芸文庫・770円)

 京都花街の甘味処(どころ)を舞台に人情話を紡ぐシリーズ新作「京都祇園もも吉庵のあまから帖2」が好調だ。「おきばりやす」。元芸妓(げいこ)、もも吉のはんなりとした言葉は、悩みを抱えた人の心をきょうも解きほぐす。名古屋市在住の著者、志賀内泰弘さんは「人は苦労したぶんだけ人に優しくなれる」との思いを込める。【山田泰生】

 京都市内には祇園甲部、先斗町、宮川町など五つの花街がある。華やかな舞妓や芸妓が行き交い、観光名所にもなっているが、ベールに包まれた世界だ。

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです