連載

サッカーマインド

東口順昭選手、鮫島彩選手、丸山祐市選手らが交代で執筆。ピッチにかけるサッカーへの思いを語ります。

連載一覧

サッカーマインド

プレッシングサッカーの潮流=柱谷幸一

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ポルトガルで8月23日にあった欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝は、衝撃的な内容だった。

 ドイツのバイエルン・ミュンヘンが1―0でフランスのパリ・サンジェルマンを破ったのだが、GKを除く両チームの20人が、相手ボールを奪おうと間断なくプレッシャーをかけ合うスピーディーで激しいプレーは、これからのサッカーの方向性を示していた。

 バイエルン・ミュンヘンでワントップを務めるのはFWレバンドフスキだが、3シーズン連続で得点王を獲得しているエースですら、前線でラストパスを待つような悠長なことはしない。相手ボールを奪ってやろうとGKやDFをしつように追いかける。その動きに連動して2列目のMF、最終ラインのDFが、パリSGのボール保持者に次々と襲いかかっていく。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文947文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集