メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

プレッシングサッカーの潮流=柱谷幸一

 ポルトガルで8月23日にあった欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝は、衝撃的な内容だった。

 ドイツのバイエルン・ミュンヘンが1―0でフランスのパリ・サンジェルマンを破ったのだが、GKを除く両チームの20人が、相手ボールを奪おうと間断なくプレッシャーをかけ合うスピーディーで激しいプレーは、これからのサッカーの方向性を示していた。

 バイエルン・ミュンヘンでワントップを務めるのはFWレバンドフスキだが、3シーズン連続で得点王を獲得しているエースですら、前線でラストパスを待つような悠長なことはしない。相手ボールを奪ってやろうとGKやDFをしつように追いかける。その動きに連動して2列目のMF、最終ラインのDFが、パリSGのボール保持者に次々と襲いかかっていく。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです