メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

プレッシングサッカーの潮流=柱谷幸一

 ポルトガルで8月23日にあった欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝は、衝撃的な内容だった。

 ドイツのバイエルン・ミュンヘンが1―0でフランスのパリ・サンジェルマンを破ったのだが、GKを除く両チームの20人が、相手ボールを奪おうと間断なくプレッシャーをかけ合うスピーディーで激しいプレーは、これからのサッカーの方向性を示していた。

 バイエルン・ミュンヘンでワントップを務めるのはFWレバンドフスキだが、3シーズン連続で得点王を獲得しているエースですら、前線でラストパスを待つような悠長なことはしない。相手ボールを奪ってやろうとGKやDFをしつように追いかける。その動きに連動して2列目のMF、最終ラインのDFが、パリSGのボール保持者に次々と襲いかかっていく。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです