特集

2020自民党総裁選

自民党総裁選に関する特集ページです。

特集一覧

「まるで安倍首相の発言のようだ」 出馬表明の菅氏、独自色は?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選への立候補を表明し、記者会見で笑顔を見せる菅義偉官房長官=衆院第2議員会館で2020年9月2日午後5時42分、竹内幹撮影
自民党総裁選への立候補を表明し、記者会見で笑顔を見せる菅義偉官房長官=衆院第2議員会館で2020年9月2日午後5時42分、竹内幹撮影

 2日に安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選への立候補を正式に表明した菅義偉官房長官(71)。記者会見では、秋田県の農家生まれで地方議員出身の「たたき上げ」を強調する一方、安倍政権を継承する姿勢を示し、政策面での「菅カラー」は薄かった。森友・加計学園問題など安倍政権の「負の遺産」に関しても、従来の政府見解を繰り返すだけだった。

自らの「原点」語る狙いは

 「雪深い秋田の農家に生まれ、高校卒業後、すぐに農家を継ぐことに抵抗を感じ、就職のために東京に出てきた」。菅氏は記者会見の冒頭、自らの「原点」として、町工場から国会議員秘書、横浜市議と歩んだ経歴を披露。「地方分権を進めなければという思いの中で国政を目指した」と地方や国民生活を重視する姿勢を自らの言葉で強調した。対立候補の岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)が共に「世襲議員」であることを念頭に、庶民感覚を訴え共感を呼びたい思惑もあると…

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1414文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集