特集

2021自民党総裁選

河野・岸田・高市・野田の4氏が出馬し、29日の投開票に向けて本格的な論戦が繰り広げられています。

特集一覧

「うちだけ外すなんて!」二階派あたふた 菅陣営、早くも主導権争い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党総裁選に立候補した菅義偉官房長官への支持を表明し、笑顔で退席する(左から)麻生太郎副総理兼財務相、細田博之元官房長官、竹下亘元総務会長=衆院第1議員会館で2020年9月2日午後6時15分、手塚耕一郎撮影
自民党総裁選に立候補した菅義偉官房長官への支持を表明し、笑顔で退席する(左から)麻生太郎副総理兼財務相、細田博之元官房長官、竹下亘元総務会長=衆院第1議員会館で2020年9月2日午後6時15分、手塚耕一郎撮影

 2日に安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選への立候補を正式に表明した菅義偉官房長官。自民党内で菅氏支持に回った5派閥の主導権争いが2日に早くも表面化した。

細田、麻生、竹下の3派会長が合同記者会見

 「聞いてない! うちだけ外すなんておかしい!」。二階派幹部は2日朝、情報収集に追われた。細田派、麻生派、竹下派の3派会長による菅氏支持表明の合同記者会見が同日夕に開かれるとの連絡が、二階派にはなかった。

 その二階派は2日午前、河村建夫会長代行らが議員会館の菅氏の部屋を訪れ、出馬を求める署名を手渡した。河村氏は記者団の取材で3派会見について「菅さんを支援する気持ちは同じなのだから、一緒にやるべきではないか」と不満を示した。また、麻生内閣で官房長…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文924文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集