メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

過剰反応、心の余裕を 発熱、教員から叱責 無関係なのに自宅待機 新型コロナ

学校イメージ=ゲッティ

 群馬県内で新型コロナウイルス感染者が440人を超えた。そんな中、思わぬあつれきが起きている。高熱を出した大学生は教員から非難された。また、児童1人の感染が確認された、ある小学校では無関係の児童の保護者が自宅待機を求められることがあった。過敏ともいえる反応の背景とは。【鈴木敦子】

 県内の私立大4年の女性は8月、38度を超える発熱があり、講義を欠席した。すぐ保健所に連絡して新型コロナのPCR検査を受けた。大学の教員に伝えると、発熱前の1週間の行動を尋ねられた。女性は1人暮らしで、生活費のためアルバイトに出ていた。教員からはこう言われた。「こんな時期にバイトに行くなんて、意識が低すぎる」。女性はバイト先でマスク着用や手指消毒を徹底していた。

 責められたように感じた。教員からは「あなたが感染していたら、大学を休校にしなければならない。他の学生が実習に行けなくなる」とも言われた。他の大学で、クラスター(感染者集団)が発生したことで無関係の学生が教育実習を拒否されたという報道があった。女性は「みんなに迷惑を掛けてしまう」と思い悩んだ。結局、検査結果は陰性。すぐに熱も下がった。女性は「もし自分の友だちが感染していたとしたら、不安にさせるよう…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです