台風10号「伊勢湾」規模 気象庁「甚大な影響の恐れ」 6~7日上陸か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
気象庁
気象庁

 気象庁は2日、マリアナ諸島付近を西寄りに進む台風10号が特別警報級の勢力に発達し、6~7日に奄美地方や九州、中国・四国に接近、上陸する恐れがあると発表した。気象庁は「広い範囲が甚大な影響を受ける恐れがある。今後の気象情報に留意し、命を守るために早めの対策を」と呼び掛けている。

 気象庁は1日午後9時、小笠原諸島近海の熱帯低気圧が台風になったこ…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

ニュース特集