特集

2020大阪都構想

2020年11月1日投開票の大阪都構想住民投票を巡る動きを追います。

特集一覧

大阪都構想制度案3日に市議会で可決へ 11月住民投票実施の公算大きく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪市役所=林由紀子撮影
大阪市役所=林由紀子撮影

 大阪市を廃止し、四つの特別区に再編する「大阪都構想」の制度案が3日午後、市議会で採決される。大阪府議会では既に可決されており、市議会でも大阪維新の会と公明党の賛成多数で可決されるのは確実だ。新型コロナウイルスの感染が収束する見通しは立たないが、11月1日に、2度目の住民投票が実施される公算が大きい。

 府市の法定協議会で6月に決定した制度案を議論するため、臨時議会が8月18日に開会され、特別区の財政収支見通しや新型コロナの影響などをテーマに論戦が交わされた。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文688文字)

【2020大阪都構想】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集