メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者の就労支援討論 オンラインで福祉関係者ら参加 量より質、考える契機に /東京

8月26日のパネルディスカッションの様子。オンラインで配信された=東京都港区で(日本財団提供)

 障害者の就労支援を考える「就労支援フォーラムNIPPON」(日本財団主催)が8月24~26日までの3日間、オンライン形式で開かれた。新型コロナウイルスの感染拡大で、企業などに義務づけられた障害者雇用率の引き上げ時期の予定が先延ばしになるなど「障害者雇用どころではない」との論調もある中、「ひるむな、私たち」をテーマにした。複数のパネルディスカッションなどがあり、福祉や企業の関係者らのべ約9300人が参加した。【山田奈緒】

 24日のパネルディスカッションでは障害者が担う仕事内容について、今後の展望や可能性が話題になった。知的障害者は清掃や郵便物の仕分けなど社内向けの間接業務を担う場合が多いが、テレワークが進めばこうした仕事は減ることを踏まえ「(雇用率という)数字、量よりも仕事の質や内容を考えるきっかけにしたい」「間接業務も大切にしつつ、企業の本業により関わっていくことが必要」との意見が出た。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです