メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高度人材育成へ協力 県とコマツ、早大が連携協定 /石川

協定締結後に記念撮影する(左から)大橋徹二・コマツ会長、谷本正憲知事、笠原博徳・早稲田大副総長=石川県庁で、阿部弘賢撮影

 県と建設機械大手「コマツ」、早稲田大が2日、人材育成に関する包括的な連携協定を結んだ。3者は協力し、県内でIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を活用できる高度な技術者らを育成する。

 産業界では近年、IoTやAIを備えた付加価値の高い製品開発が進められており、開発を担う高度な人材の育成が急務となっている。早大などは…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです