メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 「伝統、来年につなげる」 都留「八朔祭」写真集に 歴史振り返る130枚 /山梨

 新型コロナウイルスの感染拡大で中止となった都留市の「ふるさと時代祭り 八朔(はっさく)祭」の実行委員会は、八朔祭の様子を収めた写真集「思い出のふるさと時代祭り」を制作した。【小田切敏雄】

 八朔祭は五穀豊穣(ほうじょう)を願う生出(おいで)神社(都留市四日市場)の秋の例祭で、付け祭りの大名行列や屋台巡行が名物になっている。大名行列は江戸時代に谷村(現都留市)を治めた秋元氏が川越に移封された際、大名行列の道具一式を置き土産として贈り、農民らが秋元藩政への感謝を込めて行列を披露したのが起源とされる。

 写真集は祭りの歴史を振り返り、市民の祭りへの思いを盛り上げようと市民や市などでつくる実行委が企画。大名行列のお姫様、武士、奴(やっこ)の赤熊(しゃぐま)、八朔屋台などのほか、昭和20年代の祭りの風景など、市民や市職員らが撮影した約130枚を収めた。写真集の揮毫(きごう)は生出神社神主の竹俣星潭さんが担当した。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです