特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

廃棄物37万トン処理、21年末終了目指す 豪雨で県 /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本県は8月31日、7月の豪雨による県内の災害廃棄物の推計量が約37万トンに上ると発表した。発生1年半となる2021年末までの処理終了を目指すとしている。一方、全半壊が4200棟以上、床上、床下浸水が3600棟以上(8月28日現在)に上ったことも明らかにした。

 熊本県によると、環境省の指針に基づき、…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文350文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集