メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自校式給食始まる ペースト食やアレルギーにも対応 県立中津支援学校 /大分

自校で調理された給食(手前)を食べる児童ら

 中津市の県立中津支援学校(児童生徒98人)で1日、自校式給食が始まった。宇佐養護学校中津校として2009年に開校して以来、中津市の給食センターから配送を受けていた。関係者は「子供の実態に合った給食を提供でき、悲願が実現した」と喜んでいる。

 同校によると、給食棟は木造平屋169平方メートルで事業費は約1億1844万円、3月に完成した。外部委託の調理員5人が決まり、3回の試作を…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. グミ状の合成麻薬MDMA密輸した疑い 英国人容疑者逮捕 埼玉県警

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです