メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ウサギ、コグマ、ヤギ、ヤマネコ、トカゲ…

[PR]

 ウサギ、コグマ、ヤギ、ヤマネコ、トカゲ……さて、何の話だろう。これにカジキ、クジラ、さらにカンムリやコンパスが加われば、星座名と分かる方もおられよう。そしてこれらはみな台風の名前でもある▲アジア・太平洋の14の国・地域が10ずつの名前を出し合って決めた台風のアジア名である。日本から出したのは星座の日本語名だった。年間の台風発生数からすると140の名前は約5年で一巡し、その後また順に繰り返し使われる▲九州の北部に接近した台風9号のアジア名「メイサーク」はカンボジア語で木の名前。そして南の海上から日本列島をうかがう台風10号は中国語の「ハイシェン」――海神である。ちなみに今後13号が発生すれば、「クジラ」となる▲今年は統計開始以来初めて7月に台風の発生がなかったのが話題となった。しかし、一転8月は7個が発生、そして二つの台風の動きをめぐるニュースで始まった9月である。避難所のコロナ対策が注目される台風シーズンでもある▲聞けば日本の南方海域の8月の平均海面水温はこれまた過去の記録にない高温で、9月も高い状態が続くという。先のハイシェン、台風10号はこの高温の海で過去最強クラスの台風に発達し、6日ごろ列島に近づく恐れがあるそうだ▲過去の記憶や経験だけで危険を判断できなくなった昨今の激烈な気象である。かつてない熱い海を渡ってくる海神は、いったいどんな恐ろしい姿を見せるのか。予報を注視し、警戒するに越したことはない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです