メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

王外相のオウンゴール=坂東賢治

中国の王毅外相=川田雅浩撮影

 <moku-go>

 欽定(きんてい)憲法大綱は1908年に発布された中国初の憲法だ。近代化に失敗した清朝が大日本帝国憲法をモデルに生き残りのために制定したが、目的は果たせなかった。

 北京五輪が開催された2008年はこの憲法発布から100年の節目だった。中国政府は無視したが、立憲主義の意味を考える機会と受け止める人たちもいた。

 ノーベル平和賞を受賞し、17年に「獄死」した劉暁波(りゅうぎょうは)氏らが起草した「08憲章」は「立憲100年」を明記し、中国人が100年以上も「自由・民主・憲政の国家」を追求してきたと位置づけた。

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです