メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カプセル落下、本体から撮影 JAXA「はやぶさ2」運用計画

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2日、小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウで採取した試料入りカプセルを地球に落下させる際の運用計画を発表した。地球から約22万キロ離れた地点でカプセルを分離。探査機本体は地球から離れ、カプセルが大気圏に突入する様子の撮影に挑む。

 計画によると、地球に向けて飛行中のはやぶさ2は11月下旬、オーストラリア南部のウーメラ砂漠に狙いを定め、姿勢制御などを担う化学エンジンで軌道を変更。12月5日午後にカプセルを…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです