特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 「新規」緩やかに減少 一部地域は要警戒 厚労省助言委

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの新規陽性者数の推移
新型コロナウイルスの新規陽性者数の推移

 新型コロナウイルスの感染症対策を検討する厚生労働省の「アドバイザリーボード」(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)は2日、感染状況について全国的な傾向として「新規感染者数は緩やかに減少を始めていると考えられる」と評価した。感染の拡大傾向が続いている一部地域では引き続き状況を注視する必要があり「再拡大に向けた警戒が必要」としている。

 アドバイザリーボードは、全国の発症日ベースの流行曲線に基づき「7月27~29日以降緩やかな減少が続いている」と分析。重症者数は7月上旬以降増加傾向が続いていたが、8月26日時点は274人で、前週の277人と同程度だった。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文647文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集