メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日 ネット画像の説明を考える 2社がオンラインで初のセミナー

 音声読み上げソフトでインターネットを閲覧する視覚障害者らのために、画像などの内容が分かるように付ける「代替テキスト」。そのセミナーをデザイン会社の「コンセント」と、コンサルティング会社の「インフォアクシア」が、オンラインで8月1日に初めて開いた。企業や自治体の関係者ら20人が作成を試み、当事者が意見を寄せた。

 「代替テキスト」は、国際的なガイドラインで必要性が示されているものの、どう付けるかは難しい。この日はまず、東京都のホームページを音声読み上げソフトで読ませ、画像の部分を「画像」と発生する様子などを紹介。インフォアクシアの植木真さんは、その有用性は点字ディスプレーの表示や弱視者らの利用にもあると話した。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです