特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

各候補が本格始動 岸田氏「分断から協調」の政策発表 菅氏は「派閥均衡」選対に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影
自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 自民党総裁選(8日告示、14日投開票)の構図が固まり、各候補は3日、活動を本格化させた。党内7派閥のうち5派閥から支持を得て優位に立つ菅義偉官房長官(71)は、選対本部の発足に向けた準備会合に出席した。劣勢とされる岸田文雄政調会長(63)は記者会見で政策を発表し、石破茂元幹事長(63)も選対本部を設置した。

 細田、麻生、竹下、二階、石原の5派から支持を受ける菅氏は3日午前、各派事務総長と無派閥議員の代表者らが開いた選対本部の準備会合に出席した。山口泰明・党組織運動本部長(竹下派)を調整を担う選対事務総長に決めた。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1107文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい