メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

最先端技術だけじゃない 25年大阪万博 関西の新興企業が見せたい未来とは

ロボットを遠隔操作し、万博会場を歩き回って楽しむ未来を夢見て、開発に当たるアイプレゼンスのクリス・クリストファーズ代表(右)ら=大阪市北区の新興企業の支援拠点、ナレッジキャピタルで2020年8月12日午後3時24分、宇都宮裕一撮影

 分身ロボット、究極のキャッシュレス、未体験のかき氷――。2025年大阪・関西万博の開幕まで5年を切り、新興企業が国際イベントで新技術を披露しようと開発を加速している。関西の政財界も有望企業への支援を強化。近未来の最先端技術が集まる万博を通じて、関西の知名度を高め、地元経済の活性化につなげたい考えだ。

 「人の形をしたロボットが世界中の人々の分身となって会場内を歩き回る。遠隔で操作する人の映像が画面に映され、ロボットを通じて…

この記事は有料記事です。

残り2225文字(全文2438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 洋館はレーモンド設計? モンテローザ経営の会社「情報求む」 横浜・山手

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです