メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

最先端技術だけじゃない 25年大阪万博 関西の新興企業が見せたい未来とは

ロボットを遠隔操作し、万博会場を歩き回って楽しむ未来を夢見て、開発に当たるアイプレゼンスのクリス・クリストファーズ代表(右)ら=大阪市北区の新興企業の支援拠点、ナレッジキャピタルで2020年8月12日午後3時24分、宇都宮裕一撮影

 分身ロボット、究極のキャッシュレス、未体験のかき氷――。2025年大阪・関西万博の開幕まで5年を切り、新興企業が国際イベントで新技術を披露しようと開発を加速している。関西の政財界も有望企業への支援を強化。近未来の最先端技術が集まる万博を通じて、関西の知名度を高め、地元経済の活性化につなげたい考えだ。

 「人の形をしたロボットが世界中の人々の分身となって会場内を歩き回る。遠隔で操作する人の映像が画面に映され、ロボットを通じて…

この記事は有料記事です。

残り2225文字(全文2438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです