メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者が見た「ほな!さいなら」の瞬間 「づぼらや」ふぐちょうちん、未明の撤去劇 

クレーンで下ろされる、フグ料理店「づぼらや」の名物看板「ふぐちょうちん」=大阪市浪速区で2020年9月3日午前1時13分、澤俊太郎撮影

 「ほな! さいなら」。大阪・新世界の老舗フグ料理店「づぼらや」(大阪市浪速区)の立体看板「ふぐちょうちん」が、3日未明に撤去された。新型コロナウイルスの影響で、15日付で閉店することが決まっており、その準備とみられる。ちょうちんは、建物から道路へ突き出した幅などが基準を超えているとして、大阪市が撤去を求めていたが、地元では観光名物として保存を求める声も上がっている。記者が目撃した撤去の一部始終とは――。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 東京オリンピックで観客の顔認証活用へ コロナ感染防止、大会後にデータ消去

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 藤井王位、名人戦順位戦B級2組5連勝で単独トップに 村山七段を97手で降す

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです