特集

2020自民党総裁選

自民党総裁選に関する特集ページです。

特集一覧

菅氏強調の「自助・共助・公助」がはらむ問題 本来の意味とズレ?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で自民党総裁選への出馬を表明する菅義偉官房長官=衆院第2議員会館で2020年9月2日午後5時25分、竹内幹撮影
記者会見で自民党総裁選への出馬を表明する菅義偉官房長官=衆院第2議員会館で2020年9月2日午後5時25分、竹内幹撮影

 自民党総裁選に立候補した菅義偉官房長官が、「国の基本」と位置づける「自助、共助、公助」という言葉が議論を呼んでいる。本来の使われ方とはズレているという指摘もある。自民党総裁、そして首相のいすに最も近いとされる候補の「国の基本」、言い換えれば「国是」である。取り急ぎ、専門家に話を聞いて回った。【宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

災害対応では本来……

 「『自助・共助・公助』は、本来、『共助』を強調するための表現だったのに、いつの間にか行政が『自助』を強調する言葉にすり替えられている」

 災害対応の観点から、そう問題視するのは、阪神大震災をはじめ国内の自然災害被災地の復興に深く携わってきた兵庫県立大大学院・減災復興政策研究科長の室崎益輝(よしてる)教授だ。

 「行政がこの言葉を持ち出すときに根底にある通念は、7:2:1の原則。『自助』7割、『共助』2割、『公助』1割で、『公助』の限界を示し、基本的には自己責任を唱えるニュアンスです」

 室崎教授はそう指摘し、続ける。「例えば、災害が発生し、避難勧告を行政が出すのは『公助』。だけど…

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1392文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集