メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「最近の維新は上から目線」 大阪都構想の住民投票、再びの実施に市民は…

大阪都構想の制度案が可決され、ほっとした表情を見せる大阪市の松井一郎市長=大阪市北区で2020年9月3日午後3時27分、加古信志撮影

 大阪都構想の制度案が大阪市議会で可決されたことを受け、大阪市の有権者に賛否を問う住民投票は11月1日にも実施される。賛成派・反対派双方にとっても新型コロナウイルス感染拡大による医療崩壊の懸念は拭いきれず、説明の機会も十分に確保されているとは言えない中で、選択の日を迎える。コロナに翻弄(ほんろう)される市民の胸中を聞いた。

 「この時期に住民投票をするなんて論外。新型コロナへの対応が先だ」。大阪市の大学2年の女子学生(20)はそう話す。

この記事は有料記事です。

残り2211文字(全文2430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです