特集

2020大阪都構想

2020年11月1日投開票の大阪都構想住民投票を巡る動きを追います。

特集一覧

大阪都構想、公平で丁寧な説明を 有権者は賛否双方の主張吟味して投票を

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府庁周辺=大阪市中央区で、本社ヘリから
大阪府庁周辺=大阪市中央区で、本社ヘリから

 大阪府議会と大阪市議会で都構想の制度案が可決され、2度目の住民投票実施が決まった。特別区に制度移行すれば二度と現在の大阪市には戻らないことを都構想推進側は明確に説明し、有権者も賛否双方の主張を吟味して投票することが求められる。

 70万対69万。わずか1万票差で否決された2015年5月の前回住民投票は、前月の統一地方選が事実上の前哨戦になったこともあり、政党や組織による熱のこもった訴…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

【2020大阪都構想】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集