メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横綱のDNA継承 朝青龍のおいっ子・豊昇龍 うり二つの相撲で21歳新入幕

番付表の最上段(幕内)に載ったしこ名を指し、新入幕を喜ぶ豊昇龍=2020年8月31日午後4時6分(日本相撲協会提供)

 大相撲秋場所(13日初日、東京・両国国技館)で、元横綱・朝青龍のおいの豊昇龍(21)=本名スガラグチャー・ビャンバスレン、モンゴル出身、立浪部屋=が新入幕を果たした。その顔つきや初土俵から3年足らずでのスピード出世は、モンゴル出身初の横綱で優勝25回を誇る叔父をほうふつさせる。秋場所の目標は、尊敬する叔父を超える「新入幕2桁勝利」だ。

 幼い頃から、モンゴルでも放送されていた大相撲中継を見て育った。当時、絶頂期を迎えていた横綱・朝青龍の相撲を見ながら、「なんてすごい人だ」と尊敬の念を抱いていたという。中学卒業後、そんな叔父の勧めで来日を果たし、千葉・日体大柏高に留学した。最初は「相撲は怖いから絶対にやらない」とレスリング部に入ったが、しばらくして授業の一環で両国国技館に出かけ、大相撲を生観戦し考えが変わったという。比較的体の小さ…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです