メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

講談師・神田香織さん 「はだしのゲン」にサックスや人形を加え「立体講談」化 被爆の地獄絵図、舞台で

舞台で表情たっぷりに語る神田香織さん=本人提供

 広島・長崎に原爆が投下されて75年。自身の被爆体験をもとに描いた中沢啓治さんの漫画「はだしのゲン」を、「立体講談」として舞台化した作品が今月12日、東京・下北沢で上演される。新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く中、ようやく実現にこぎつけた公演を前に、演者である講談師の神田香織さん(65)、ミュージシャンの坂田明さん(75)に聞いた。

 「まともに仕事ができたのは2月ぐらいまででしょうか。東京オリンピックが延期され、外出自粛が呼びかけられるようになってからは、寄席がどこも厳しくなって、8月まではキャンセルや延期ばかりでしたね」。今も続く演芸界への影響について、神田さんはそう語った。

 緊急事態宣言は5月下旬に解除となり、寄席も再開されたが、「3密(密閉、密集、密接)」を避けるために観客人数を制限せざるを得ない状態が続く。「割(出演料)」が交通費に満たずに持ち出しとなることも珍しくないが、「こういう時だからこそ、寄席を楽しみに来てくれるお客さんもいる。声がかかれば喜んで出ます」。

 原作者・中沢さんの承諾を得て、神田さんが「はだしのゲン」を講談として発表したのは1986年のこと。戦時下の広島を懸命に生きた少年一家。彼らを襲った原爆の実相と惨禍を描いて反響を呼び、30年以上にわたって各地で公演を重ねてきた。今回は、…

この記事は有料記事です。

残り1967文字(全文2529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです