メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

mid90s ミッドナインティーズ “不良少年”居場所求め

映画「mid90s ミッドナインティーズ」の一場面

 1990年代半ばのロサンゼルスを舞台に“不良っぽさ”に憧れる少年の一時期を描いた。思春期にちょっと悪い行為や不良の友達がいることへ言い知れぬ優越感を抱いた経験はきっと多くの人が身に覚えがあるはず。そんな少年の小さな世界の構築と崩壊に胸が締め付けられる。

 13歳のスティービー(サニー・スリッチ)はシングルマザーの母ダブニー(キャサリン・ウォーターストン)と兄イアン(ルーカス・ヘッジズ)と暮らしている。小柄なスティービーはいつもイアンに殴られっぱなしだ。ある日、街のスケートボードショップにたむろする少年グループと出会う。汚いけれどなんだか男っぽい言葉遣い、大人への反抗的な態度、そしてスケボーはキラキラして見えた。

 グループは、年の近いルーベン、スケボーの腕前がピカイチのレイ、陽気なファックシット、いつもビデオカメラを回している無口なフォースグレードの4人。少しずつ彼らと打ち解けていくスティービーは、たばこ、酒、ドラッグ、性体験などを通じてさらに連帯感を強める。いつもいじめるイアンや、母親面をしているが男にだらしないダブニーへの嫌悪感から、スティービーにとって家は決して居心地のいい場所ではない。いつしかスケ…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです