特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

貴重な標本よみがえれ 豪雨被災、熊本の歴史館収蔵品を洗浄 町立美幌博物館 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
九州豪雨災害で水没した熊本県人吉城歴史館所蔵の植物標本を洗浄する学芸員=北海道の美幌博物館で2020年9月2日、本多竹志撮影
九州豪雨災害で水没した熊本県人吉城歴史館所蔵の植物標本を洗浄する学芸員=北海道の美幌博物館で2020年9月2日、本多竹志撮影

 町立美幌博物館の学芸員らが、九州豪雨災害で被災した熊本県人吉城歴史館収蔵の標本を洗浄している。北見市や釧路市からのボランティアも手伝い、貴重な資料に着いた泥などを取り除いた。

 洗浄したのは、南九州の植物研究史上重要な文献として知られる「南肥植物誌」の著者で植物学者の前原勘次郎氏(1890~1975年)が採集した植物標本の一部。収蔵庫が約2メートルの浸水に見…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集