メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリに住民票 渡良瀬遊水地生まれの2羽 埼玉・加須など4市2町 /東京

栃木県小山市内の休耕田でえさを捕るコウノトリの「わたる」(右)と「ゆう」=2020年8月23日、NPO法人わたらせ未来基金の青木章彦さん撮影(小山市提供)

 埼玉、栃木など4県にまたがる渡良瀬遊水地で生まれた国の天然記念物のコウノトリ2羽に1日、埼玉県加須市など周辺の4市2町が合同で特別住民票を発行した。

 住民票の発行を受けたのは雄の「わたる」と雌の「ゆう」。5月30日に生まれ(推定)、渡良瀬遊水地周辺で暮らす。加須市のほか、茨城県古河市、栃木市、栃木県小山市、同野木町、群馬県板倉町が住民…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです