メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブドウ出荷量、大幅減 長梅雨、酷暑影響 晩腐病や着色不良拡大 「1年に一作の果物が…」 /山梨

晩腐病で実が腐り、酷暑の影響で赤く色が付かないブドウ=山梨県笛吹市で、金子昇太撮影

 今年の多雨と酷暑が笛吹市や山梨市など峡東地域でブドウの出荷に大きな影響を与えている。長梅雨の影響でブドウの実が腐る「晩腐(おそぐされ)病」が広がったほか、酷暑で着色不良が起きたからだ。「ここまでの被害は初めて」。出荷量が大幅減となった農家からはため息が漏れる。県は被害実態を調査している。【金子昇太】

 笛吹市のブドウ農園「源葡(げんぶ)園」は約6000平方メートルの畑で巨峰やピオーネ、シャインマスカットなどを栽培している。例年通り6月下旬に雨よけや害虫防止のため実を袋掛けした後、週1回のペースで農薬をまいたが、黒や赤系ブドウを中心に晩腐病が発生した。出荷できた巨峰とピオーネは例年の3~4割。同園会長の鈴木源さん(83)は「約60年間ブドウ栽培に携わってきたが、ここまでの被害は初めて」と落胆した…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです