メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者と子育て・ときどき花

/8 2人目は助産院で、長女は「姉性」育み中 /愛知

人形に「離乳食」を食べさせている娘。「姉性」は着実に育まれているようだ=愛知県半田市で

 夏の暑さにこれほど苦しめられるのは、41年の人生で初めてかもしれない。定番だった週末の農園通いも、とうとうできなくなってしまった。

 私事だが第2子を授かり、現在妊娠8カ月。長女(3)の妊娠でおなかの皮が伸びきったせいか、前回より大きくなる時期もペースも明らかに早い。妊娠初期~中期のつらいつわりが落ち着く前からおなかがぐんぐんせり出してきて、胃もたれ、吐き気、頭痛などのマイナートラブルも後を絶たない。雑誌などではよく、「マタニティーライフを楽しもう☆」なんてフレーズを見かけるが、それどころではないのが現状だ。

 特に不快なのは「おなかが落っこちる感覚」。前回の出産で骨盤が緩んでしまったのが一つの原因らしい。開いた骨盤は重くなった子宮を支えきれず、立つとズシンと鈍い痛みが。常に便意があるような不快感にもさいなまれる。

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです