メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金閣寺「違法」造成 文化庁が府と市に指導 発掘調査開始へ /京都

 金閣寺(鹿苑寺)=京都市北区=の敷地内に建てられたとされる七重塔「北山大塔」の跡地付近に無許可で広場や石垣を造成したのは違法として、市埋蔵文化財研究所の研究員が文化庁に原状回復命令などを求めていた問題で、府と市が文化庁の行政指導を受け、7日にも発掘調査を始めることが分かった。

 文化庁に6月に申し立てをしていた東洋一研究員(64)が3日、明らかにした。

 北山大塔は、室町幕府三代将軍の足利義満が建立したとされる。2016年には同研究所が塔の一部とみられる装飾品を発見したと発表。出土場所の近くには高さ約2メートル、一辺約40メートルの正方形の盛り土があり、調査を担当した東氏は、塔の基礎部分となる「基壇」跡の可能性があると指摘している。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

  5. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです