メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

県立神島高校経営科学科 地元特産品をPR オンラインで体験イベント /和歌山

行燈の木工キットを組み立てる女性デザイナーの様子をカメラで録画する神島高校の生徒ら=和歌山県田辺市文里2の神島高校で、後藤奈緒撮影

 田辺市の県立神島高経営科学科では、地元特産品をPRしたり、商品開発に結び付けたりする活動に取り組んでいる。2019年からは地元の紀州材を使った子ども向けの木工体験イベントを実施していたが、20年は新型コロナウイルスの影響で中止となった。そのかわり、生徒たちが取り組んだのがオンラインでの体験イベントだ。

 同科で商品開発の授業を選択した3年生17人が準備した。4班に分かれて木工キットの組み立て手順をあらかじめ動画撮影し、子どもたちにキットを買ってもらった後、動画投稿サイト「ユーチューブ」に配信して、見てもらうという仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. 漫画で解説 JAL再上場の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです