メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京パラへの道

/2 車椅子男子卓球・世界ランク24位 皆見信博さん コロナ負けず、自宅で鍛錬 /香川

自宅の納屋でサーブの練習をする皆見さん=香川県三豊市で、川原聖史撮影

 来年に延期となった東京パラリンピックを見据え、車椅子男子卓球で世界ランク24位の皆見信博さん(51)=三豊市=は、3回目となるパラリンピック出場を目指し、練習を続けている。ベテランアスリートの目標は、卓球を始めた16歳の頃からの夢だった金メダルだ。

 小学2年生の時、集団登校中に車にはねられて頸椎(けいつい)を損傷し、以降は車椅子での生活となった。高松養護学校高等部2年の夏、リハビリセンターの職員の勧めで一念発起し、卓球を始めた。卒業後も身体障害者の支援施設で学びながら週6日の練習に取り組み、車椅子…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  5. 現場を見ても想像できない廃炉終了 福島第1原発はいったいどうなっているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです